エンジンの燃料噴射量制御装置

Fuel injection quantity control device for engine

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent excess increase of fuel injection quantity when an air-fuel ratio is in a rich state.SOLUTION: A fuel injection quantity control device includes an air-fuel ratio calculating means for calculating an air-fuel ratio A/F, an accelerator opening sensor 10 for detecting an accelerator opening, an engine speed sensor 8 for detecting an actual engine speed of an engine body 1, a target engine speed setting means for setting a target engine speed of the engine body 1, and an ECU 9 for controlling a fuel injection quantity of the engine 1. The fuel injection quantity includes a basic injection quantity Fb determined by the accelerator opening and the actual engine speed, and a feedback injection quantity Ffb for converging a deviation between the actual engine speed and the target engine speed into an allowable range, and the ECU 9 varies the feedback injection quantity Ffb in accordance with an A/F coefficient C determined on the basis of the air-fuel ratio A/F.
【課題】空燃比がリッチ状態の時において、燃料噴射量の過剰な増大を防止する。 【解決手段】燃料噴射量制御装置は、空燃比A/Fを算出する空燃比算出手段と、アクセル開度を検出するアクセル開度センサ10と、エンジン本体1の実回転数を検出する回転数センサ8と、エンジン本体1の目標回転数を設定する目標回転数設定手段と、エンジン1の燃料噴射量を制御するECU9とを備え、燃料噴射量は、アクセル開度及び実回転数によって定められる基本噴射量Fbと、実回転数と目標回転数との偏差を許容範囲内に収束させるためのフィードバック噴射量Ffbとを含み、ECU9は、空燃比A/Fによって定められるA/F係数Cに応じて、フィードバック噴射量Ffbを変化させる。 【選択図】図2
【課題】空燃比がリッチ状態の時において、燃料噴射量の過剰な増大を防止する。【解決手段】燃料噴射量制御装置は、空燃比A/Fを算出する空燃比算出手段と、アクセル開度を検出するアクセル開度センサ10と、エンジン本体1の実回転数を検出する回転数センサ8と、エンジン本体1の目標回転数を設定する目標回転数設定手段と、エンジン1の燃料噴射量を制御するECU9とを備え、燃料噴射量は、アクセル開度及び実回転数によって定められる基本噴射量Fbと、実回転数と目標回転数との偏差を許容範囲内に収束させるためのフィードバック噴射量Ffbとを含み、ECU9は、空燃比A/Fによって定められるA/F係数Cに応じて、フィードバック噴射量Ffbを変化させる。【選択図】図2

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle