起泡性クリーム用油脂組成物及び起泡性クリーム

Fat composition for foamable cream and foamable cream

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fat composition for a foamable cream having less unfavorable influence on health by having an amount of trans-fatty acids and also an amount of saturated fatty acids reduced, which has excellent vibration resistance in a state of liquid cream before foam formation, and to ensure that such a fat composition or foamable cream exhibits excellent foamability at the time of foam formation.SOLUTION: Provided is a fat composition for a foamable cream containing, as constituent fatty acids, 60 mass% or less of all saturated fatty acids, 1 mass% or less of trans-fatty acids, and 15 mass% or less of polyunsaturated fatty acids, where the following fat (A) is contained in an amount of 20 to 90 mass%. The fat (A) is a low temperature flexible fat obtained by transesterification of a vegetable oil fat, the transesterification being conducted so that the fat (A) comprises, as constituent fatty acids, 30 to 80 mass% of monovalent unsaturated fatty acids having 18 carbon atoms, 5 mass% or less of saturated fatty acids having 12 carbon atoms, 15 mass% or less of polyunsaturated fatty acids, and a total 20 to 40 mass% of saturated fatty acids having 16 carbon atoms and saturated fatty acids having 18 carbon atoms. When a specified amount of the fat (A), which is flexible at a low temperature, is blended, vibration resistance, and whipping characteristics and shape retention at the time of foam formation can be improved even when the amount of the polyunsaturated fatty acids is made 15 mass% or less.
【課題】トランス脂肪酸を低減させると共に、飽和脂肪酸の含有量も低減させた健康への好ましくない影響のより低い起泡性クリーム用油脂組成物とし、このような起泡性クリーム用油脂組成物が、起泡前の液状クリームの状態で振動耐性に優れたものであり、さらに起泡時に優れた起泡性を有する油脂組成物または起泡性クリームとすることである。【解決手段】構成脂肪酸として全飽和脂肪酸が60質量%以下、トランス脂肪酸が1質量%以下、多価不飽和脂肪酸が15質量%以下の油脂組成物であって、以下の油脂(A)を20〜90質量%含有する起泡性クリーム用油脂組成物とする。油脂(A)は、構成脂肪酸として炭素数18の一価不飽和脂肪酸を30〜80質量%含有し、炭素数12の飽和脂肪酸を5質量%以下含有し、多価不飽和脂肪酸を15質量%以下含有し、炭素数16の飽和脂肪酸と炭素数18の飽和脂肪酸が総量で20〜40質量%含有するように植物油油脂をエステル交換した低温軟質性の油脂である。低温で軟質の油脂(A)を所定量配合すると、多価不飽和脂肪酸の配合量を15質量%以下としても、その振動耐性および起泡時のホイップ性および保形性を高められる。【選択図】なし
【課題】トランス脂肪酸を低減させると共に、飽和脂肪酸の含有量も低減させた健康への好ましくない影響のより低い起泡性クリーム用油脂組成物とし、このような起泡性クリーム用油脂組成物が、起泡前の液状クリームの状態で振動耐性に優れたものであり、さらに起泡時に優れた起泡性を有する油脂組成物または起泡性クリームとすることである。 【解決手段】構成脂肪酸として全飽和脂肪酸が60質量%以下、トランス脂肪酸が1質量%以下、多価不飽和脂肪酸が15質量%以下の油脂組成物であって、以下の油脂(A)を20〜90質量%含有する起泡性クリーム用油脂組成物とする。油脂(A)は、構成脂肪酸として炭素数18の一価不飽和脂肪酸を30〜80質量%含有し、炭素数12の飽和脂肪酸を5質量%以下含有し、多価不飽和脂肪酸を15質量%以下含有し、炭素数16の飽和脂肪酸と炭素数18の飽和脂肪酸が総量で20〜40質量%含有するように植物油油脂をエステル交換した低温軟質性の油脂である。低温で軟質の油脂(A)を所定量配合すると、多価不飽和脂肪酸の配合量を15質量%以下としても、その振動耐性および起泡時のホイップ性および保形性を高められる。 【選択図】なし

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (1)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    DE-102015118228-A1May 19, 2016Toyota Jidosha Kabushiki KaishaVerfahren zum Herstellen eines Brennstoffzellengehäuses