投写用レンズおよび投写型表示装置

Projection lens and projection type display device

Abstract

【課題】投写用レンズにおいて、投写距離が変化した際の像面湾曲の補正および締結誤差吸収時の像面湾曲の変動の抑制を変倍動作および合焦動作と独立して可能とし、像面湾曲補正後の実質的なフォーカスずれを発生させない。 【解決手段】投写用レンズは、全系で正の屈折力を有し、光軸方向の移動により互いの間隔を変化させて像面湾曲を補正する複数のレンズ群からなる補正群Gcを備える。補正群Gcを構成する最も拡大側のレンズ群から補正群Gcを構成する最も縮小側のレンズ群までを合成した合成光学系の投写用レンズにおける共役長が、補正群Gcの像面湾曲を補正するための移動の前後で一定である。投写用レンズが少なくとも一部のレンズ群を移動させて変倍可能または合焦可能の場合、補正群Gcの像面湾曲を補正するための移動は変倍、合焦いずれのための移動とも独立して可能である。 【選択図】図1
PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a correction of curvature of field when a projection distance changes and a change in curvature of field when absorbing a fastening error to be suppressed independently from an operation of varying a magnification and a focusing operation, and to prevent generation of a substantial defocus after the curvature of field is corrected.SOLUTION: The projection type lens has a positive refractive power in an entire system, and includes a correction group Gc that is composed of a plurality of lens groups in which a mutual interval between the lenses is changed by a movement to an optical axis direction to correct curvature of field. A conjugate length in a projection lens of a synthesis optical system synthesizing from the lens group on the most enlargement side constituting the correction group Gc to the lens group on the most contraction side constituting the correction group Gc is stationary before and after a movement for correcting curvature of filed of the correction group Gc. When the projection lens is capable of varying the magnification by moving at least one of the lens groups or capable of focusing thereby, the movement for correcting the curvature of field of the correction group Gc is enabled independently from any movement for varying the magnification and focusing.
【課題】投写用レンズにおいて、投写距離が変化した際の像面湾曲の補正および締結誤差吸収時の像面湾曲の変動の抑制を変倍動作および合焦動作と独立して可能とし、像面湾曲補正後の実質的なフォーカスずれを発生させない。【解決手段】投写用レンズは、全系で正の屈折力を有し、光軸方向の移動により互いの間隔を変化させて像面湾曲を補正する複数のレンズ群からなる補正群Gcを備える。補正群Gcを構成する最も拡大側のレンズ群から補正群Gcを構成する最も縮小側のレンズ群までを合成した合成光学系の投写用レンズにおける共役長が、補正群Gcの像面湾曲を補正するための移動の前後で一定である。投写用レンズが少なくとも一部のレンズ群を移動させて変倍可能または合焦可能の場合、補正群Gcの像面湾曲を補正するための移動は変倍、合焦いずれのための移動とも独立して可能である。【選択図】図1

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle