弁装置および弁装置の製造方法

Valve device and valve device manufacturing method

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a valve device capable of exhibiting oxidation resistance in a high temperature environment and a valve device manufacturing method.SOLUTION: According to an embodiment, the valve device includes: a valve rod serving as a movable member operating as a valve is opened/closed; and a bush serving as a stationary member slidably contacting this valve rod. A slide contact surface of at least either the valve rod or the bush is provided integrally with a padding portion 157. The padding portion 157 includes: a first coating film 102 formed by generating a pulsed discharge between an electrode formed of a compact mainly containing a first metal and a treatment target portion 100 of either the valve rod or the bush, and welding and depositing a material of the electrode on a surface of the treatment target portion 100; and a second coating film formed on a surface of the first coating film by spraying plasmas raw material powder mainly containing a second metal using a plasma spray gun.
【課題】高温環境での耐酸化性を発揮する弁装置および弁装置の製造方法を提供する。【解決手段】実施形態によれば、弁開閉に伴って動作する可動部材としての弁棒とこの弁棒に摺接する静止部材としてのブッシュとを含む弁装置であって、弁棒とブッシュの少なくとも一方の摺接面に肉盛部を一体に備え、肉盛部は、第1の金属を主成分とする成形体により構成される電極と弁棒又はブッシュの被処理部100との間にパルス状の放電を発生させて電極の材料を被処理部100の表面に溶着させ堆積させることによって形成した第1皮膜102と、第2の金属を主成分とする原料粉末をプラズマ溶射ガンを用いてプラズマ溶射することにより、第1皮膜102の表面に形成した第2皮膜とを含む肉盛部157を有する弁装置が提供される。【選択図】図7
【課題】高温環境での耐酸化性を発揮する弁装置および弁装置の製造方法を提供する。 【解決手段】実施形態によれば、弁開閉に伴って動作する可動部材としての弁棒とこの弁棒に摺接する静止部材としてのブッシュとを含む弁装置であって、弁棒とブッシュの少なくとも一方の摺接面に肉盛部を一体に備え、肉盛部は、第1の金属を主成分とする成形体により構成される電極と弁棒又はブッシュの被処理部100との間にパルス状の放電を発生させて電極の材料を被処理部100の表面に溶着させ堆積させることによって形成した第1皮膜102と、第2の金属を主成分とする原料粉末をプラズマ溶射ガンを用いてプラズマ溶射することにより、第1皮膜102の表面に形成した第2皮膜とを含む肉盛部157を有する弁装置が提供される。 【選択図】図7

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle