ヒータ用自動消火装置

Abstract

本発明は、ヒータ用自動消火装置に関するものであり、ヒータの内部の二酸化炭素及び一酸化炭素の量、温度、又はヒータの使用時間を設定して、設定条件から外れる場合に点火されている芯を自動的に下降させることにより、ヒータを自動的に消火できるようにし、これにより、二酸化炭素による酸素の欠乏現象や一酸化炭素によるガス窒息事故を防ぐことができ、しかも、火災を未然に防ぐことのできるヒータ用自動消火装置に関する。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle